全770文字

 ソニーは21日、採用方針に関する記者説明会を開き、データ?数理分析や宇宙科学、物理サイエンスに長けた理学系のエンジニアの新卒採用に力を注ぐ考えを示した。商品企画、ソフ?#21435;Εē?#38283;発など約80ある採用職種の中に「理学系の研究開発職」を2020年度卒採用から新設。同職種を中心に、R&D(研究開発)領域での新卒採用人数を20%増やす目標を掲げた。

安部和志執行役常務は「GAFAの存在を意識している」とも話した(21日、東京?港のソニー本社)

 ソニーが採用方針について記者向けに説明会を開くのは初めて。具体的な人物像に言及して欲しい人材を広く公開し、就活生に訴える狙いがある。

 イメージングやセンシングといった従来の分野だけでなく、金融サービスなどの分野でもエンジニアの採用が欠かせなくなっている。ソニーで人事部門を担当する安部和志執行役常務は「自分の専門分野に限らず、色々なことに好奇心を持つやんちゃなエンジニアが欲しい」と話した。

 IT系人材の獲得競争は熾烈を極めている。GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン?ドット?コム)が世界中のIT系大学の卒業生を相次いで採用しているからだ。安部氏は「GAFAの存在を意識している。国内外を問わず、優秀なエンジニアを積極的に採用したい。そのためにアピールが必要と考えた」?#26085;h明会の狙いを語る。

 国内でも大手電機メーカーに加え、?#21435;瑗?#33258;動車や日産自動車などの完成車メーカーが自動運転技術の開発に向けてエンジニアを活発に採用している。新技術が次々に生まれるディスラプション(創造的破壊)の時代。人材の奪い合いに勝ち抜くことが企業の成長に欠かせなくなっている。

タグ「1分解説」をフォローしませんか

旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定する?#21462;ⅰ?分解説」タグが付いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。