全816文字

 コカ?コーラボ?#21435;椹`ズジャパン(東京?港)が、4月1日から出荷?#24037;?#28165;涼飲料の大型ペッ?#21435;堀去?#21830;品を値上げ?#24037;搿?#28040;費増税分の反映以外の値上げとしては27年ぶり。物流費や原材料の高騰を受けた措置だが、競合他社からは「敵ながらあっぱれ?#24037;趣?#22768;も聞かれる。そのワケとは。

 「コカ?コーラ?#24037;洹?#32190;鷹?#24037;勝?#20027;力飲料のメーカー希望小売価格を20円引き上げる。だが、?#24037;伽皮?#21830;品というわけではない。値上げの対象は1.5~2リッ?#21435;?#20837;りの商品だけ。コンビニエンスス?#21435;ⅳ勝嗓扦勝袱撙?00ミリリッ?#21435;?#20837;りの商品は対象外となっている。ここに「コカは苦渋の決断をした」(飲料業界関係者)との見方が広がる。

値上げの対象商品は大型ペッ?#21435;堀去?#21830;品だ。

 業界関係者によれ?#23567;ⅰ弗岍`カーにもよるが、販売数量の半分近くは500ミリリッ?#21435;?#20837;りの商品?#24037;趣いΑ¥膜蓼輟ⅴ償?#29289;流費や原材料費が高騰し、コスト高になる中で、主力商品では値上げを避けたともいえる。

 なぜ、大型品に限定したのか。背景にあるのは、清涼飲料市場での競争激化だ。同市場でシェア1位はコカだが、同2位のサン?#21435;戛`食品インターナショナルが「サン?#21435;戛`南アルプ?#24037;?#22825;然水」ブランドで出した炭酸飲料や、ペッ?#21435;堀去毳暢`ヒー「クラフ?#21435;堀埂工違謠氓趣?#29467;追している。対?#24037;毳償象莖暢`ヒー「ジョージア?#24037;?#22823;型ペッ?#21435;堀去?#21830;品「森の水だより?#24037;勝嗓?#33510;戦している。

 こうした中で値上げを?#24037;欷小ⅴ伐Д?#20105;いで不利になりかねない。かといってコカにとって価格を据え置くことも難しい。物流費や原材料の高騰だけでなく、西日本の集中豪雨で工場が被災したことを受けて、業績が悪化しているからだ。コカは2018年12月期の業績予想を下方修正している。

 サン?#21435;戛`ホールディング?#24037;?#26032;浪剛史社長は今回の「本命?#24037;?#36991;けたコカの値上げ策にこうコメントした。「敵ながらあっぱれ。尊敬に値?#24037;搿埂%償膝伐Д?#20302;下を食い?#24037;幛勝欏?#21454;益改善?#31169;Yび付けられるか。これからが勝負だ。